それでも私は夢を買う

人生波乱万丈色々な事が起きます。
私の人生はというと誕生から20歳くらいまで幸せで、それからは明らかに下り坂のような気がします。
いつまで坂道を下がるやら、40歳過ぎた私は最近どこまで落ちるのか大変不安になっています。

でももしかしてここで宝くじが当たったら、なんて考えるとまた一転して人生バラ色になるかも、なんて考えると少し楽しくなったり嬉しくなったり。
宝くじを3000円出して買うと、当選発表までとても気分がよくなり、夢見心地の気分になれます。

この幸せになれる時間を3000円で買っていたんだと、当選番号発表後には感じるのですが。
それでも買わなければ当たりません。幸せな気分に代金支払っているとしても、私はこれからも万が一にかけてみようと思います。