十五夜なのに、生憎の曇り空

今日は、十五夜。それなのに、空はあいにくの曇り空。
今日は朝から、ススキを取りに行ったり、お供え用のサツマイモや梨を用意したり、団子用の粉を買ったりと大忙し。

団子の粉は、お米の粉でできた上新粉が、リーズナブルですが、熱湯でこねないといけないので、子どもと一緒に作るには向きません。なので、水でこねられる餅米の粉の白玉粉と上新粉をブレンドした団子粉というのを買ってきました。これなら、ぬるま湯でこねられるので、子どもと一緒に作れます。

3歳の子どもと一緒に楽しくコネコネして、お団子を作りました。
今日は、あいにくの曇り空で、月を見ることができませんでしたが、薄雲からうっすらと月明かりが見え、子どもと二人、あそこにお月様がいるんだねと話しながら、お団子を食べました。
下の息子の、まだお月さま来ないね、と言いながら、ひたすらお団子を頬張る姿が何とも可愛らしかったです。